債務整理・弁護士費用.com

どうにもならない借金を背負ってしまった人を救済する目的として、債務整理の制度があります。
借金の債務整理とは、多くの借金を背負っている人で支払いが困難な状況になっている人が行うことができる、借金問題解決のためのいくつかの方法を総称したものとなります。
債務整理と一口に言っても、借金そのものを免除できる手続きである自己破産や、借金の減額を目的として貸金業者と交渉を行う手続きである任意整理など色々な方法があります。
貸金業者への支払いを行っている債務者の場合には、法律で決められている上限利率を超える利息の支払いを行っている人もいます。
そのような払い過ぎた利息がある人の場合には、弁護士などに相談することによって過払い金の返還請求をすることが可能です。
そのような債務整理の方法を選択したときでも、原則的に弁護士に相談することで借金の取り立てを回避することができます。
弁護士に借金相談をするときには費用について心配している人も多いと考えられますので、着手金が無料になるサービスを行っている法律事務所や無料相談を実施している事務所がおすすめとなります。
その他様々な事項において費用が発生する可能性がありますので、事前に法律事務所のホームページなどを確認することによって、どのような内容において料金が発生するのか把握しておく必要があります。
債務整理を行う意義としては、多額の借金を抱えてしまいながら毎日の生活を送っていくことは大変な苦労があるものと言えますので、本来の自分の日常生活を取り戻すために行う手続きということになります。

 

債務整理には任意整理や個人再生、特定調停、自己破産と言った方法が用意されており、債務者の状況に応じて最適な方法で債務整理を行う事が出来るようになっています。

 

また、弁護士であれば借金の総額に関係なく債務整理を可能にすることからも、借金の額が多い人などの場合は、弁護士が在籍をしている法律事務所での無料相談を受け、債務整理の着手をして貰う形になります。

 

債務者の状況と言うのは、債務者の返済能力の有無や所有する財産の内、住宅を所有しているか否か、そして借金を行った理由などを意味しています。
弁護士に対して債務整理を依頼する場合は、隠し事をすることなく全ての事を話すことで弁護士は債務者に一番良い方法で債務整理の手続きを代行してくれます。

 

個人再生と言う方法は、自己破産の手続きと同じく裁判所を通して手続きが行われる債務整理です。
個人再生を選んだ場合は、最初に個人再生の申し立てを裁判所に行う事で手続きが開始されることになります。

 

自己破産と個人再生の2つの大きな違いは、住宅を処分する事無く借金を整理する事と、借金の額を大幅に減額し、残りの債務を返済していくことに在ります。
そのため、個人再生の場合は住宅を処分する必要が無いと同時に、返済能力が残されている事が条件になるのが特徴です。

 

尚、個人再生の手続きなどは弁護士に依頼をすることで代理として仕事をしてくれるため、債務者は裁判所に出向いたり、債権者との交渉などを行う必要が有りません。
また、個人再生はマイホームを所有している人のための方法とも言われており、任意整理と自己破産の中間と言う人もいます。

更新履歴